検査システム(カスタマイズ)
バイアル粉末異物検査装置

PV-Cシリーズ

 

粉末異物検査の振動技術 

 
従来は困難であった粉末内の異物検出
デクシス開発の振動技術でバイアルの中の
わずかな異物を検出可能に!
装置外観イメージ(2セル構成/自動検査対応版)

特長

 独自の振動技術により、異物が底面に出現

 
振動ユニットが瓶内の粉末を高速流動させることで、底面に混入異物が出現。(※1)
カメラ撮像したライブ映像をモニター上で目視検査することができます。(※2)
 
 <テストサンプルによるイメージ画像>

 

(※1)粉末の性質により混入異物の見え方が異なるため、テスト機による流動テストを実施します。
(※2)オプションで自動検査にも対応できます。ご相談ください。
 

 

  • 粉末に対する異物の比重に関係なく検査可能
  • NG画像保存機能によりロット回収リスクを回避

  ※オプションで全画像保存にも対応致します。 

  • セルマシン構成で、増設にも対応
 

製品仕様

 
項目 標準(2セル構成)
参考(1セル構成)
処理能力 70本/分(8スピンドル)
※ユニット増設で検査能力UP(オプション)
35本/分(4スピンドル)
装置外形

W2200mm×D4150mm×H2120mm

W620㎜×D750㎜×H950㎜
※振動部のみカバー無し、
別途画像処理装置の設置スペースが必要
検査部位 粉末内混入異物、その他(オプション)
検査項目 毛髪、黒色異物、繊維、金属 他
※検査モニター画面上目視にて
 

外形寸法図

  

製品一覧

 

外観検査システム
画像処理装置

技術情報一覧